若松詩音
私は、元気クラブに入りレベルの高い高校生と合同練習をさせていただき、
全国で活躍をされている方たちと一緒に練習をしたことで、技術はもちろん、
礼儀や気配り、目配り、思いやり、そして人間性も成長ができました。
元気クラブに入る前は人見知りがひどく人と話すのが苦手でしたが、周りの人たち
がとても優しく接してくれ、人と話す回数が増えたことで自然と人見知りをしなく
なりました。これからも今まで元気クラブで学んだことをいかして頑張ります。

山田 麻弥
私が元気クラブに出会ったのは高校二年の六月です。みんな年下なのに、技術が高く、少し不安もありましたが、加藤先生をはじめ、周りの温かいサポートのおかげで、すぐに溶け込むことができました。部活生だったのであまり参加できてない中、たまにしか会わない私に、みんな元気に笑顔で声を掛けてくれて、いつもとても気持ちよくソフトボールを楽しむことができました。練習中のみんなは真剣で、真っ直ぐソフトボールと向き合い、泥まみれになりながら全力でプレーしている姿がとてもかっこいいです。練習後は子どもらしく、みんな可愛いのが印象的です。そんな素敵な元気クラブで、私は、人として大切なこと、視野を広げた考え方、ソフトボールの素晴らしさを学ぶことができました。元気クラブにいる子たちの中にも、今までそれぞれ苦労してきている子がいます。そういった子たちを加藤先生の温かい愛で包み込んでいるからこそ、元気クラブのみんなは素敵な笑顔が絶えないのだと思います。今まで卒団していった子や、私たちにも加藤先生はいつも言ってくださいます。「帰ってくる場所がある。」この言葉で、元気から様々な進路に旅立っていくみんなが救われているでしょう。私も、この言葉で挫折しそうになったら、元気クラブという素晴らしい場所がある。帰る場所がちゃんとある。とおもい、更に頑張れます。
元気クラブに出会えたこと、加藤先生との出会いが私は宝物です。だから、これからもずっとこの出会いを大切にしていきます。約二年間、元気クラブに携われたことに幸せを感じるとともに、感謝の気持ちでいっぱいです。

加藤愛果
私はソフトボールが上手でなく、あまり好きではありませんでした。
部活引退後、友達の紹介で元気クラブに出逢いました。幅広い学年と練習したり、全国大会に出場するような高校に行ったりしました。またクリニックに参加するなど、他では味わえない貴重な経験が出来ました。
元気クラブに通ううちにソフトボールが好きになっていきました。元気クラブに出逢わなかったら、高校でもソフトを続けなかったと思います。
元気クラブではソフトボールはもちろん、その他の面についても学べます。加藤先生をはじめとするコーチの方々、元気っ子のみんなが「ソフトボールは楽しい」ということを教えてくださいました。
私は、私を変えてくれた元気クラブが、大好きです。

水野愛海
私は中学3年の部活動引退後の8月から元気クラブに入りました。小4から始めたソフトボール、ずっと野手をしてきました。中学1年の時からピッチャーをやってみたいと思うようになりました。しかし、今からじゃ遅いだろうと、諦めていましたが加藤先生、スタッフの方、チームメイトが背中を押してくれピッチャーへの挑戦を決めました。
ピッチャーというポジションについて何もわからなかった私に1つ1つわかりやすく丁寧に教えてくださいました。また、他では出来ない様なたくさんの経験をさせて頂きとても充実した八ヶ月でした。
もっと早く元気クラブに出会っていれば良かったとおもっています。元気クラブに入ってソフトボールがもっと楽しくなってもっと大好きになりました!

瀬川侑奈
私が元気クラブと出会ったのは、小学3年生のクリニックの時でした。その後も何度かクリニックには参加していましたが、アカデミーに入ったのは、クラブチーム卒団後の中学3年の9月でした。高校でソフトボールを続けるためにこの半年間がとても大切だと思ったからです。中学3年の部活を引退した子たちが同じ頃に入ったことも心強かったです。
元気クラブで本当に素晴らしい指導者の方や仲間に出会うことができました。分からないことがあったら、年上年下関係なく教え合いました。スクールなので決して楽なことだけではありませんが、きついトレーニングなども仲間と励まし合い行うことで、苦しいのは自分1人じゃないのだからがんばろうと思えました。
元気クラブで人として大切なことをたくさん教わりました。
大きくなっていつか戻ってこれたらいいなと思います。