愛知県一宮市の特定非営利団体

元気健康フェスタ ピンクリボン一宮

元気健康フェスタ ピンクリボン一宮

第6回元気健康フェスタ ピンクリボン一宮のチラシ・募集要項はトップページのリンクをクリックしてください

元気健康フェスタチラシ 表 元気健康フェスタチラシ 裏

第6回元気健康フェスタ ピンクリボン一宮  開催要項

1.行 事 名 第6回元気健康フェスタ ピンクリボン一宮
2.主 催 特定非営利活動法人 元気健康活動協会
3.企画運営 健康フェスティバル ピンクリボン一宮実行委員会
4.後 援 一宮市
5.日 時 平成26年11月29日(土)10:30~19:00
6.場   所 一宮市民会館(大ホール、大会議室、ロビー・フォワイエ)
7.開催内容 ステージ発表(元気パフォーマーコンテスト)
ブース(体験型・販売型ブース)

お問合せ先 NPO法人 元気健康活動協会  TEL0586-25-5038

開催日:2013年10月6日(日)
第5回元気健康フェスタ ピンクリボン一宮
(一宮市市民活動支援制度助成金事業)
開催日:2012年8月4日(土)
第4回元気健康フェスタ ピンクリボン一宮
(一宮市市民活動支援制度助成金事業)
開催日:2011年11月6日(日)
第3回健康フェスティバル ピンクリボン一宮
(一宮市市民活動支援制度助成金事業)
開催日:2010年10月30日(土)
第2回健康フェスティバル ピンクリボン一宮
(一宮市市民活動支援制度助成金事業)
開催日:2009年10月31日(土)
第1回健康フェスティバル ピンクリボン一宮
(愛知モリコロ基金の助成金事業)

収益の一部を公益法人日本対がん協会へ寄付
愛知モリコロ基金の助成金事業として、ピンクリボン活動を行います。

活動の目的
(背景)

  • 死亡原因の第一位にあげられる癌は、『身体活動量を増やすことで、がん予防につながる』ことが厚生労働省研究班によって示唆されている。
  • 現在日本では女性の20~23人に一人が乳がんを発症する可能性があるといわれており、その数は年々増加している。おもに30~50歳代の女性に多く死亡率でトップを占めている。

(課題)

  • 日本では乳がん検診率が低く、気づいた時にはすでに進行している状況が多く、また男性や20代の人にもかかる可能性がある。
  • 早期に発見すれば95%が治るといわれ治癒率は高く、自分で見つけることができる。

(目的)

  • 早期発見(自己検診・マンモグラフィーやエコーなどの定期健診)、早期診断、早期治療の重要性を広めるためのイベントを行う。
  • 予防としてまた術後のリハビリとして今まで運動をしていない方、老若男女を問わす誰でも簡単に楽しく行える全身運動ナチュラルポールウォーキング&ボディバランスの普及推進を行う。
  • 乳がん検診の受診率アップの一助だけではなく、「健康」をキーワードとして、家族で健康について考える機会となるイベントを実施する。
  • 「健康」というキーワードを「動」「食」「環境」「カラダ」「五感・ココロ」「赤ちゃん・子ども」のカテゴリーに分けて体験型ブースを設け、いろいろな角度から「健康」に触れる。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 0586-25-5038 受付時間 10:00~17:00(土日祝日休業)

かとう由香の「がん克服講座元気日記」
株式会社元気クラブステーション
元気ソフトボールアカデミー

当協会が事務局のチームDreamCitrine

PAGETOP
Copyright © NPO法人 元気健康活動協会 All Rights Reserved.